二の腕の脱毛メリット

二の腕のムダ毛を脱毛しようと思う人も意外と多いようです。二の腕に生えているムダ毛は基本的に産毛となります。剛毛が生えている人などはいないはずです。

見た目には目立ちにくい部分なのですが、それでも毛深い人などは気になる部分が二の腕となるのです。二の腕のように産毛が生えているような部分の脱毛は比較的時間がかかるとも言われていますが、二の腕を脱毛するメリットはどこにあるのでしょうか。

もちろん、毛深い人などはムダ毛がなくなるということだけでも大きなメリットを感じることでしょうが二の腕のムダ毛処理を行うことで夏場などに袖のない服を着るときや水着になるときなどに気にしなくて済むというプラス効果があります。

また、産毛がなくなると肌は光が反射することによりキレイに見えるようになります。以外にこれは大きなことです。夏場に肌をさらけ出すことに自信を持てることにも繋がるのです。二の腕の脱毛を完了して一の腕のムダ毛処理をしていないというのも変なものです。

何となく不釣り合いでせっかくの二の腕の脱毛のプラス要素も半減してしまうと言えるでしょう。二の腕のムダ毛処理を行うのなら一の腕の脱毛も行うべきなのです。

できれば腕全体を脱毛をするという選択をしたほうが良いと言うことになるのです。また、脱毛が完了することで脱毛個所の毛穴は今までよりも小さくなります。毛穴が目立たなくなるのです。これもメリットだと言えます。見た目にもキレイに見えることになるのです。

二の腕の脱毛の所要時間と費用

二の腕は夏場にかけて脱毛を希望する人が増えてくる人気が高い部位だと言えます。二の腕だけのムダ毛処理を脱毛サロンなどでお願いすると所要時間はサロンによっても違ってきますが概ね20分から30分程度となるようです。

これは左右を合わせて表面も裏面も全ての処理時間を含めてのものとなります。脱毛自体は1回で終わるわけではありません。最低でも5回や6回は通うこととなります。脱毛が完了するまでの期間としては毛周期に合わせて脱毛を行っていくことになりますので1年や1年半をかけて脱毛を行っていくということが一般的となります。

もう一つ、気になる点としては必要となる費用になろうかと思います。もちろん、脱毛サロンやクリニックによってかかってくる費用というものは違ってくることになります。二の腕だけの脱毛となると平均して5万円前後となる場合が多いようです。回数的には5回から6回が一般的となります。

二の腕だけでなく腕全体を脱毛することも可能です。そのほうが自然だと言えるかもしれません。腕全体を脱毛することとなると費用的には8万円前後となる場合が多いようです。回数的にはやはり同じく5回から6回となります。

二の腕に限ったわけではありませんが脱毛は予め決められている回数の施術を受けたからと言って必ず自分が思った通りの脱毛が完了しているとは限りません。

ムダ毛の量や毛の質によっても脱毛に要する期間は変わってくる可能性があるのです。そのため、人によっては更に脱毛回数を増やし費用がかさむこともあるのです。

二の腕の脱毛の痛みについて

人気の脱毛部位である二の腕ですが生えているムダ毛は産毛となります。ムダ毛の量は人によっても様々なのですが、脱毛サロンやクリニックで二の腕の脱毛の施術を受ける際の痛みの度合いはどの程度のものかというと、どちらかというとほとんど痛みは感じないと言っても良いでしょう。

ただし、二の腕も内側のほうの皮膚の薄い部分に関しては外側よりも痛みを感じやすいということは起こりうる可能性はあります。

また、脱毛サロンでは光脱毛がクリニックではレーザー脱毛が行われることになります。痛みという点で見ますと威力の強いレーザー脱毛を行うクリニックのほうが感じやすいと言えます。

それでも、痛みは弱いほうになるのが二の腕の脱毛となるのですが痛みというのは人によって感じ方が違ってくるものです。同じ光やレーザーを照射しても痛いと思う人もいれば痛く感じない人もいるのです。クリニックなどではどうしても痛みを我慢できないという人のためには麻酔や麻酔クリームを備えていることが一般的です。

我慢する必要もないので痛みがひどいと思ったら申告をすると良いでしょう。脱毛サロンもクリニックも過去と比べると脱毛の施術に使用する機器も色々な意味で進化しています。痛みという側面で見ても痛みを感じにくい機器を採用している脱毛サロンやクリニックも増えています。

どうしても痛みに関して不安な人は口コミなどを参考にするのも良いですし、最初のカウンセリングでしっかりと実情を聞いておくと良いでしょう。

二の腕の脱毛の範囲

二の腕は日常的には人目に触れる機会が少ない部位ではあります。しかし、夏場などは袖のない服などを着る機会も増えるので意外と目立つ部位となるのです。二の腕の脱毛を希望する人は多いのですが多くの人が腕全体を脱毛する場合が多いようです。

脱毛サロンなどでは肘を境として肘上と肘下で分けて脱毛が行えるようにはなっていますが、どちらかだけを脱毛するとバランスがおかしくなることから腕全体を脱毛する人が多いようです。

料金的にも肘上と肘下でそれぞれの料金設定がされているのですが腕全体を脱毛したほうがお得になるような料金設定がされている脱毛サロンが多いようです。

具体的に二の腕の脱毛の対象範囲となるのは多くの脱毛サロンやクリニックで共通しています。肩の上の出っ張っている骨の部分をから肘の上の部分まで、これを二の腕脱毛の対象範囲としているのです。肘自体は二の腕の脱毛の対象範囲には入りません。

肘に関しては肘だけをパーツとして脱毛部位に入れているサロンもありますし、肘下の脱毛範囲に含まれている場合もあります。意外と気にしないでいる二の腕のムダ毛ですがよく見てみるとしっかりとムダ毛が生えている人も多いのです。

最近、流行っているのは二の腕だけでなく肘下の一の腕や手の甲や指先までもムダ毛の処理を行うことです。

部分的に脱毛を行うのも良いのですが、どうせなら腕全部に手の指先までキレイにしてしまおうと思う人が増えているのです。すべてを通しで脱毛したほうが料金的メリットも出ることも大きな理由のようです。

二の腕の脱毛のリスク

二の腕の脱毛に限ったことではありませんが脱毛サロンでの光脱毛やクリニックでのレーザー脱毛にはリスクが有ります。自己処理でカミソリを使用することによる怪我のリスクが存在しているように光やレーザーを照射することで思わぬリスクが潜んでいるのです。

その一つは火傷です。脱毛サロンでもクリニックでも十分に注意をして光などを照射しているのですが皮膚の状態は人によって違ってきます。同じ照射をしても火傷をしてしまう人が出る場合もあるのです。

万が一の場合はもちろんそれぞれ適切な処置は行ってくれますが、クリニックのほうが医師が常駐しているので安心感はあるといえます。二の腕や背中などのムダ毛が産毛の場所の脱毛に関しては他のリスクも存在しています。

それは増毛化と硬毛化となります。増毛化は光やレーザーなどを照射することで今まで生えていなかった場所からムダ毛が生えてくることで、硬毛化は産毛であるムダ毛が硬くなってくる事を指します。これらの現象の原因ははっきとしていないのですが、光やレーザーを照射したことにより起こる症状であることには間違いがありません。

せっかく二の腕などの脱毛の施術を受けているのにムダ毛が増えたり硬くなってはまったく意味が無いことになります。これらの事象を解決するには光などの照射を続けていくことになります。そのため、予定していた施術回数で終わらなくなってしまう可能性も出てくるのです。つまり、場合によっては追加料金が必要になる可能性もあるということなのです。